潜水艦【伊33/I-33】竣工:1942年6月10日
> > > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :潜水艦『伊33/伊号第三十三潜水艦』

大日本帝国海軍連合艦隊『伊33/伊号第三十三潜水艦』

大日本帝国海軍連合艦隊の潜水艦『伊33/伊号第三十三潜水艦』は、伊15型潜水艦(巡潜乙型)の14番艦。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では哨戒活動や訓練に従事するも、1944年6月13日、瀬戸内海西部の伊予灘にて、機関が故障し沈没した。

『伊33』には、"3"に纏わる奇妙なジンクスが付きまとった。珊瑚礁への衝突事故で33mの海底に沈み、33名が死亡。『伊33』の最後となった事故で救助されたのが3名。1953年に引き揚げられ解体されたが、その際にはガス中毒で3名が死亡した。そして、艦名自体が33であった。戦時中、『伊33』については、日本の潜水艦乗りの間で悪い噂が流れ、"3"は不吉な数字とされていたという。

日本海軍『伊33/伊号第三十三潜水艦』概要

■全長:108.7m ■全幅:9.30m ■乗員:94名 ■排水量:2,584t ■巡航能力 □水上速力:23.6kt □水中速力:8.0kt □潜航深度:100m □航続距離:25,928km ■兵装 □40口径14cm単装砲1門 □25mm連装機銃1基2挺 □艦首53cm魚雷発射管6門 □九五式魚雷17本 ■搭載機 □零式小型水上偵察機:1機

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の潜水艦

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP