Imperial Navy (film)公開:1981年8月8日
> >

連合艦隊(映画)/Imperial Navy (film)

連合艦隊

東宝映画『連合艦隊/Imperial Navy』は、太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)開戦時の真珠湾攻撃から、ミッドウェー海戦レイテ沖海戦、そして坊ノ岬沖海戦に至るまでの、大日本帝国海軍連合艦隊の顛末をまとめた特撮戦争映画の名作。松林宗恵監督が手掛けた戦争映画の集大成として製作されたという。1981年公開当時、興行収入・動員数ともに第1位を獲得した。

▼純国産の海戦ゲーム!『艦隊これくしょん -艦これ-』PC版・Android版の始め方

映画『連合艦隊』の原作・製作・キャスト・主題歌

■原作:吉田満『戦艦大和ノ最期』 ■製作:東宝映画 □監督:松林宗恵 □製作:田中友幸 □脚本:須崎勝彌 □音楽:服部克久、谷村新司 ■キャスト :真珠湾攻撃、ミッドウェー作戦 □山本五十六(連合艦隊司令長官)→ 小林桂樹 □宇垣纏(連合艦隊参謀長)→ 高橋幸治 □南雲忠一(第一航空艦隊司令長官)→ 金子信雄 □草鹿龍之介(第一航空艦隊参謀長)→ 三橋達也 □永野修身(軍令部総長)→ 小沢栄太郎 □及川古志郎(海軍大臣)→ 藤田進 □福留繁(軍令部第一部長)→ 藤岡琢也 □富岡定俊(軍令部第一課長)→ 橋本功 □黒島亀人 (連合艦隊先任参謀)→ 南道郎 □渡辺安次 (連合艦隊戦務参謀)→ 北浦昭義 □大石保 (第一航空艦隊先任参謀)→ 六本木真 □源田実(第一航空艦隊航空参謀)→ 斎藤真 □野元為輝(空母瑞鶴艦長)→ 長谷川弘 □下田久夫(空母瑞鶴飛行長)→ 平田昭彦 :レイテ作戦 □小沢治三郎(第一機動艦隊司令長官)→ 丹波哲郎 □貝塚武男(空母瑞鶴艦長)→ 神山繁 □武田上(瑞鶴飛行隊整備士長)→ 長門裕之 □森整長(瑞鶴飛行隊整備士)→ なべおさみ □中鉢二 → 遠藤公一 □大林末雄(第一機動艦隊参謀長)→ 織本順吉 □栗田健男(第二艦隊司令長官)→ 安部徹 □小柳冨次(第二艦隊参謀長)→ 近藤宏 □大前敏一(先任参謀)→ 加地健太郎 □大谷藤之助(作戦参謀)→ 伊吹徹 □豊田副武(連合艦隊司令長官)→ 田崎潤 □神重徳(連合艦隊先任参謀)→ 佐藤慶 :沖縄作戦 □伊藤整一(第二艦隊司令長官)→ 鶴田浩二 □有賀幸作(戦艦大和艦長)→ 中谷一郎 □山本祐二(第二艦隊先任参謀)→ 富田浩太郎 □小滝久雄(第21駆逐隊司令)→ 中山昭二 □新谷喜一(第17駆逐隊司令)→ 高並功 □駆逐隊司令 → 今西正男 □駆逐隊司令 → 細川純一 :本郷家 □本郷英一 → 永島敏行 □本郷眞二 → 金田賢一 □本郷直樹 → 森繁久彌 □本郷歌子 → 奈良岡朋子 □本郷陽子 → 古手川祐子 □工藤飛曹長 → 佐藤允 □茂木大尉 → 丹波義隆 :小田切家 □小田切武市(大和工作科分隊班長)→ 財津一郎 □小田切正人 → 中井貴一 □小田切照代 → 友里千賀子 □小田切美代 → 里見奈保(鶴田さやか) □小田切加代 → 川島光代 :その他 □大江中尉 → 佐久田修 □大川一整曹 → 伊藤敏孝 □野村飛曹 → 長谷川論 □大和・工作科分隊班員 → 加藤茂雄  □新聞記者 → 石田茂樹 □町内会長 → 浜田寅彦 □鈴川(芸者)→ 松尾嘉代 ■主題歌:谷村新司『群青』

▽このページをシェアする/Share this page

映画『連合艦隊』のあらすじ

1940年、山本五十六の反対を押し切るかたちで日独伊三国軍事同盟が締結される。アメリカとの間で不穏な空気が漂うなか、船大工の小田切武市は息子の正人が海軍兵学校に合格したことを喜ぶ。翌年には、海軍中尉に昇進した本郷英一が、第三高等学校に合格した息子の眞二を祝っていた。 子どもの進学を喜ぶ小田切家、本郷家であったが、世界情勢は混沌としていく。ドイツがソビエト連邦へ宣戦布告、アメリカが日本へ禁輸制裁、そして日米交渉決裂という流れのなか、連合艦隊司令長官・山本五十六は、ハワイ・オアフ島真珠湾への奇襲攻撃を計画する。 1941年12月8日、大日本帝国海軍連合艦隊が真珠湾攻撃を決行。このとき、本郷英一も空母瑞鶴飛行隊・九九式艦上爆撃機部隊の搭乗員として参加していた。

DVD/CDレンタル

映画『連合艦隊』の感想・評価

◆ホーム:大日本帝国海軍 連合艦隊 WORLD WAR 2:太平洋戦争 海戦の記録

DVD/CDレンタル

連合艦隊のおすすめ戦争映画

↑ PAGE TOP