聯合艦隊/联合舰队ww2日本海軍の駆逐艦
> >

大日本帝国海軍 連合艦隊『駆逐艦』 :太平洋戦争・大東亜戦争・第二次世界大戦

大日本帝国海軍連合艦隊の駆逐艦

駆逐艦はもともとは水雷艇駆逐艦と呼ばれ水雷艇をターゲットとしていたが、時代の変化に伴い、汎用性の高い戦闘艦へと進化。1930年のロンドン海軍軍縮会議で、駆逐艦は備砲5.1インチ以下、基準排水量600~1,850t以下と定義された。大日本帝国海軍駆逐艦は魚雷攻撃能力を重視して設計され、太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では多くの海戦で、駆逐艦で編成された水雷戦隊が活躍した。

動画:当時の映像で見る日本海軍の駆逐艦たち

▼純国産の海戦ゲーム!『艦隊これくしょん -艦これ-』PC版・Android版の始め方

見放題chライト2
コミックレンタル

日本海軍の駆逐艦の特徴

駆逐艦は、もともとは水雷艇を撃破するための艦種(水雷艇駆逐艦)であったが、その任務は徐々に拡大していった。日露戦争においては、大日本帝国海軍の駆逐艦は主に魚雷でロシア艦隊を夜襲する部隊として用いられた。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)においても、魚雷攻撃を主軸とした水雷戦隊が編成され、多くの海戦で駆逐艦が活躍した。 1930年のロンドン海軍軍縮会議で、備砲5.1インチ以下、基準排水量600~1,850t以下と定義され、それに従い設計された駆逐艦条約型駆逐艦と呼ばれる。また、日本海軍では基準排水量が1,000t以上の駆逐艦を一等駆逐艦、1,000t未満を二等駆逐艦とした。ちなみに二等駆逐艦は旧式化していたため前線へ赴くことはなく、主に船団護衛などに従事した。 駆逐艦の名前については、1905年に制定された帝国海軍の命名基準により、一等駆逐艦には天候・気象・季節に関する用語が用いられ、二等駆逐艦には植物の名前が使用された。

▽このページをシェアする/Share this page

日本海軍の駆逐艦が活躍した海戦

日本海軍の駆逐艦は、太平洋戦争中期までは水雷戦隊に編入され様々な海戦で活躍したが、末期になると主に輸送任務に従事するようになった。

艦隊これくしょん -艦これ-

バリクパパン沖海戦 後の内閣総理大臣も参戦していた!
エンドウ沖海戦 エンドウ沖でABDA艦隊を迎撃!
バリ島沖海戦 圧倒的多数で襲い来るABDA艦隊との死闘!
スラバヤ沖海戦 太平洋戦争初の大規模艦隊戦!
バタビア沖海戦 蘭印作戦を成功に導いた海戦!
セイロン沖海戦 インド洋で連合艦隊怒涛の攻撃!
第一次ソロモン海戦 敵大部隊へ向け第八艦隊が出撃!
第三次ソロモン海戦 船の墓場と化すソロモン
ルンガ沖夜戦 不屈の猛将と『高波』が導いた勝利!
ケ号作戦(ガダルカナル島撤収作戦) 米軍を騙しつつガダルカナル島撤退
クラ湾夜戦 コロンバンガラ島への輸送任務
コロンバンガラ島沖海戦 鬼神のごとき『神通』の闘志
ケ号作戦(キスカ島撤退作戦) キスカ島の奇跡とミステリーな海戦
第一次ベララベラ海戦 ベララベラ島をめぐり勃発した海戦!
第二次ベララベラ海戦 この海戦に懸けられた同胞たちの命
ブーゲンビル島沖海戦 ろ号作戦で展開されたカオスな艦隊戦!
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊
ミンドロ島沖海戦 ミンドロ島奪回のため礼号作戦発令!
ペナン沖海戦 人知れず戦い抜いた満身創痍の船がいた
呉軍港空襲 全艦対空戦闘用意!日本海軍最後の戦い

ホーム:大日本帝国海軍 連合艦隊 WORLD WAR 2:太平洋戦争 海戦の記録

連合艦隊の艦艇

艦隊これくしょん -艦これ-

↑ PAGE TOP