聯合艦隊/联合舰队ww2日本海軍の空母(航空母艦)
> >

大日本帝国海軍 連合艦隊『空母・航空母艦』 :Imperial Japanese Navy Aircraft carriers

大日本帝国海軍連合艦隊の空母(航空母艦)

太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)において艦隊戦、あるいは海戦の勝敗を大きく左右した空母(航空母艦)大日本帝国海軍も様々な空母を所有し、連合艦隊の戦略の要として主に大規模な海戦に投入した。

動画:当時の映像で見る日本海軍の空母たち

▼純国産の海戦ゲーム!『艦隊これくしょん -艦これ-』PC版・Android版の始め方

大日本帝国は空母の先進国だった

空母(航空母艦)は航空機の運用能力を持つ艦船であり、航空機を離艦・着艦させるための飛行甲板を装備している。また航空機を整備する環境や補給能力も有し、単独で洋上基地としての機能を備える軍艦である。 太平洋戦争(第二次世界大戦)が始まった当時の大日本帝国海軍は航空戦力の有意性にいち早く気付き、連合艦隊には率先して様々な空母が編成されていた。実は全世界で最初に空母を竣工したのも日本であり、太平洋戦争開始当初の日本海軍の空母戦力は世界的に見てもトップレベルであったとされている。 日本海軍の空母の名前は、明治・大正時代は海軍省が考案したものをもとに天皇が決定していたが、後に海軍大臣が決定したうえで天皇に報告するという形式に変更された。 空母の艦名には、龍や鳥など空を飛ぶ動物の名前が用いられた。空母は航空機と密接に関係する軍艦であることから、そういった名前を使用するのが縁起が良いとされていたのである。 しかし1943年以降になると山の名前も用いられるようになる。その理由としては、本来、山の名前は重巡洋艦のネーミングに使用されていたが、戦局が変化するにつれ、建造する必要性として重巡洋艦よりも空母を重視するようになったことが要因とされている。

▽このページをシェアする/Share this page

日本海軍の空母が活躍した海戦

太平洋戦争の幕開けとなったハワイオアフ島における真珠湾攻撃では大日本帝国海軍は6隻もの空母を投入。アメリカ軍の空母は破壊できなかったものの、戦艦を4隻撃沈するなど大きな戦果をあげた。 それ以降、アメリカ軍は、真珠湾攻撃の教訓もあり空母の建造に力を注いでいく。戦局が進むにつれ、次第に空母戦力で劣勢となる日本海軍であったが、それでもレイテ沖海戦で連合艦隊が機能を失うに至るまで、空母の担う役割は大きかった。

艦隊これくしょん -艦これ-

真珠湾攻撃 米主力艦隊壊滅!太平洋戦争の始まり
セイロン沖海戦 インド洋で連合艦隊怒涛の攻撃!
珊瑚海海戦 人類史上初!空母同士の熾烈な艦隊決戦!
ミッドウェー海戦 太平洋戦争の勝敗を決定づけた海戦!
第二次ソロモン海戦 終わりなきソロモンの攻防
南太平洋海戦 米軍いわく「史上最悪の海軍記念日」
フロリダ沖海戦 山本五十六が仕掛けた最期の作戦!
マリアナ沖海戦 迫る絶望…それでも戦い続ける
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊

ホーム:大日本帝国海軍 連合艦隊 WORLD WAR 2:太平洋戦争 海戦の記録

【空母いぶき】海上自衛隊 vs 中国人民解放軍!人気漫画家が描く、現代日本の極限リアル

50円~

連合艦隊の艦艇

艦隊これくしょん -艦これ-

↑ PAGE TOP