空母【雲龍型/Unryu class】竣工:1944年8月6日~10月15日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :正規空母『雲龍型』

大日本帝国海軍:雲龍型航空母艦

雲龍型航空母艦とは、大日本帝国海軍連合艦隊の正規空母の艦型を指す。雲龍、天城、葛城の3隻が建造されたが、竣工時はすでに太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)末期であったため活躍の機会はなかった。計16隻を量産する計画であったが、そのほとんどは建造中止となった。

日本海軍:雲龍型航空母艦の概要

1番艦:雲龍 2番艦:天城 3番艦:葛城 ■全長:227.35m ■全幅:27.00m ■乗員:1,561名 ■排水量:21,779t ■巡航能力 □速力:34.0kt □航続距離:14,816km ■兵装 □40口径12.7cm連装高角砲 □25mm3連装機銃 □25mm連装機銃 □12cm28連装噴進砲 □爆雷投下台 □九五式爆雷 ■搭載機:常用57機 □零式艦上戦闘機:12機 □九七式艦上攻撃機:18機 □九九式艦上爆撃機:27機

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の空母

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP