水上機母艦【秋津洲/Akitsushima】竣工:1942年4月29日
> > > >

本・コミック通販

大日本帝国海軍 連合艦隊 :水上機母艦『秋津洲』

大日本帝国海軍連合艦隊の水上機母艦【秋津洲/Akitsushima】

『秋津洲/あきつしま』は、大日本帝国海軍水上機母艦である。大型飛行艇の整備、補給を目的に建造されたことから、飛行艇母艦とも呼ばれた。艦名の秋津洲とは、古代における日本の本州を意味する。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では、飛行艇部隊の支援や輸送任務などに従事した。1944年9月24日、フィリピンのコロン湾にてアメリカ軍機と交戦し戦没。同湾では、現在もダイビングで『秋津洲』の船体を確認できるという。

▽このページをシェアする/Share this page

連合艦隊の水上機母艦『秋津洲』の性能

■全長:114.80m ■全幅:15.80m ■乗員:338名 ■排水量:5,000t ■巡航能力 □速力:19.0kt □航続距離:14,816km ■兵装 □40口径12.7cm連装高角砲2基 □25mm3連装機銃6基 □25mm単装機銃3挺 ■搭載機・搭載艇 □大型飛行艇:1機 □魚雷艇:5隻

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の空母

【空母いぶき】海上自衛隊 vs 中国人民解放軍!人気漫画家が描く、現代日本の極限リアル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP