【空母/瑞鶴】航空機69機搭載!"幸運艦"と呼ばれた航空母艦/ずいかく/Zuikaku/翔鶴型2番艦:大日本帝国海軍連合艦隊艦艇・艦船の性能・史実
空母【瑞鶴/Zuikaku】竣工:1941年9月25日
> > >

DMM宅配買取

大日本帝国海軍 連合艦隊 :空母『瑞鶴』

大日本帝国海軍連合艦隊の空母【瑞鶴/Zuikaku】

空母『瑞鶴/ずいかく』は、翔鶴型航空母艦の2番艦である。艦名は、"めでたい"を意味すると、長寿の象徴であるを組み合わせている。『瑞鶴』は、太平洋戦争(大東亜戦争)開戦時の真珠湾攻撃から大日本帝国海軍連合艦隊の機動部隊主戦力として活躍、連合国軍空母2隻を含む計8隻以上を撃沈するなど大きな戦果を上げた。また、戦争末期のマリアナ沖海戦に至るまで一度も被弾することがなかった"幸運艦"としても知られている。

連合艦隊の空母『瑞鶴』の性能

空母瑞鶴は、1938年5月25日に川崎造船所にて起工、呉海軍工廠での仕上げ作業の後、1941年9月25日に竣工した。ワシントン海軍軍縮条約脱退後に設計された瑞鶴は、制限に縛られることなく充分な防御能力を備え、航空機も多数搭載可能であった。 翔鶴型航空母艦の同型艦2隻、翔鶴と瑞鶴の違いを見分けるのは困難で、パイロットが間違えて着艦することもあったという。ちなみに、艦橋直後のメインマストに拡声器があったのが瑞鶴であったとされる。また、対空識別記号として、瑞鶴の飛行甲板には「ス」が描かれていた。 ■全長:257.50m ■全幅:250.00m ■乗員:1,660名 ■排水量:32,105t ■巡航能力 □速力:34.23kt □航続距離:21,850km ■兵装 □40口径12.7cm連装高角砲8基 □25mm3連装機銃20基 □25mm単装機銃36挺 □12cm28連装噴進砲8基 ■搭載機:常用69機(※最終時) □零式艦上戦闘機:28機 □零戦戦闘爆撃機型:16機 □彗星艦上爆撃機:11機 □天山艦上攻撃機:14機

『瑞鶴』が参加した海戦
真珠湾攻撃 米主力艦隊壊滅!太平洋戦争の始まり
セイロン沖海戦 インド洋で連合艦隊怒涛の攻撃!
第二次ソロモン海戦 終わりなきソロモンの攻防
南太平洋海戦 ガダルカナル島を賭けた大艦隊戦!
フロリダ沖海戦 山本五十六が仕掛けた最期の作戦!
マリアナ沖海戦 迫る絶望…それでも戦い続ける
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の空母

【空母いぶき】海上自衛隊 vs 中国人民解放軍!人気漫画家が描く、現代日本の極限リアル

50円~

DMM宅配買取

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP