空母/給油艦【速吸/Hayasui】竣工:1944年4月24日
> > >

本・コミック通販

大日本帝国海軍 連合艦隊 :空母/給油艦『速吸』

大日本帝国海軍連合艦隊の給油艦兼補助空母【速吸/Hayasui】 ※写真画像:雷撃を受け沈没してゆく速吸/米潜ブルーフィッシュから撮影

『速吸/はやすい』は、大日本帝国海軍の航空母艦である。本来は給油艦であるが、対潜哨戒のため水上機を運用できるよう、建造途中に艦型が変更され、補助空母として竣工した。艦名の速吸は、豊予海峡の別称である速吸瀬戸に由来する。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では、補給活動や輸送任務に従事した。1944年8月19日、フィリピンのビガン沖にて、アメリカ海軍潜水艦『ブルーフィッシュ』の魚雷攻撃を受け沈没。その際、潜望鏡越しに撮影された写真が、『速吸』の唯一の画像とされている。

▽このページをシェアする/Share this page

連合艦隊の空母『速吸』の性能

■全長:161.10m ■全幅:20.10m ■乗員:301名 ■排水量:20,811t ■巡航能力 □速力:16.50kt □航続距離:16,668km ■兵装 □40口径12.7cm連装高角砲2基 □25mm3連装機銃2基 □25mm連装機銃1基 □爆雷8個 ■搭載機:常用6機 □流星艦上攻撃機零式水上偵察機 ■積載能力 □重油:9,800t □軽質油:146t □機関用潤滑油:92t □真水:750t □10cm高角砲弾薬:7,200発 □25mm機銃弾薬:120,000発

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の空母

【空母いぶき】海上自衛隊 vs 中国人民解放軍!人気漫画家が描く、現代日本の極限リアル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP