零式水上偵察機初飛行:1939年
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :航空機『零式水上偵察機』

大日本帝国海軍連合艦隊の航空機【零式水上偵察機】

『零式水上偵察機/零式水偵』は、大日本帝国海軍連合艦隊が運用した航空機。零式三座水上偵察機とも呼ばれる。愛知航空機が設計を行い、水上偵察機として1,423機が生産された。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では多くの主力艦艇に搭載され、艦隊や基地の眼として活躍した。派生型として、零式水偵11型甲零式水偵11型乙零式練習用水上偵察機なども存在する。

『零式水上偵察機』の現存機として、鹿児島県南さつま市「万世特攻平和祈念館」に、海底から引き揚げた1機が展示されている。

連合艦隊の航空機「零式水上偵察機」の性能

■全長:11.49m ■全幅:14.50m ■全高:4.70m ■主翼面積:36.20m2 ■自重:2,524kg ■正規全備重量:3,650kg ■飛行能力 □最高速度:367km/h □航続距離:3,326km ■兵装 □7.7mm機銃1挺 □60kg爆弾4発又は250kg爆弾1発

「零式水上偵察機」が出撃した海戦
珊瑚海海戦 人類史上初!空母同士の熾烈な艦隊決戦!
ミッドウェー海戦 太平洋戦争の勝敗を決定づけた海戦!
南太平洋海戦 米軍いわく「史上最悪の海軍記念日」

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の航空機

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP