秋水式火薬ロケット終戦で計画中断
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :航空機『秋水式火薬ロケット』

大日本帝国海軍連合艦隊の航空機【秋水式火薬ロケット】 ※写真は秋水

『秋水式火薬ロケット』は、大日本帝国海軍連合艦隊太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)で運用しようとした地対空ミサイルである。ただし炸薬は搭載せず、体当たり時に機体先端の衝角で敵航空機を粉砕するという、ある意味原始的な仕様であった。ロケット局地戦闘機『秋水をベースに川崎航空機が設計を開始するも、その最中に終戦を迎え計画は中止となった。

連合艦隊の航空機「秋水式火薬ロケット」の性能

■全長:2.80m ■全幅:4.00m ■主翼面積:5.0m2 ■自重:200kg ■正規全備重量:800kg ■飛行能力:不明 ■兵装 □衝角1基

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の航空機

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP