九〇式機上作業練習機初飛行:1930年
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :航空機『九〇式機上作業練習機』

大日本帝国海軍連合艦隊の航空機【九〇式機上作業練習機】

『九〇式機上作業練習機』は、大日本帝国海軍連合艦隊太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)で運用した航空機。機上作業(航法、通信、射撃、爆撃、偵察等)の訓練用としては、日本海軍初となった機体である。三菱重工業が設計を行い、624機が生産された。また、『九〇式機上作業練習機』の輸送機型として、輸送専用の九〇式陸上輸送機、落下傘部隊を運搬可能な九〇式陸上輸送機二型も存在した。

連合艦隊の航空機「九〇式機上作業練習機」の性能

▼九〇式一号陸上機上作業練習機 ■全長:9.70m ■全幅:15.78m ■全高:3.82m ■主翼面積:34.50m2 ■自重:1,179kg ■正規全備重量:1,900kg ■飛行能力 □最高速度:171km/h □航続距離:5.3時間 ■兵装 □7.7mm機銃2挺 □10kg爆弾10発

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の航空機

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP