紫雲/水上偵察機初飛行:1941年12月3日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :航空機『紫雲/水上偵察機』

大日本帝国海軍連合艦隊の航空機【紫雲/水上偵察機】

水上偵察機『紫雲/しうん』は、大日本帝国海軍連合艦隊太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)で運用した航空機。機体名の紫雲とは、"仏教徒が臨終するとき仏が乗って来迎する雲"を意味する。また、『紫雲』は、日本で初めて2重反転プロペラを採用した航空機とされている。川西航空機が設計を行い、水上偵察機として15機が生産された。実用試験を兼ねて偵察や索敵、哨戒任務に使用されるも、2重反転プロペラの故障が相次ぎ、性能的にも成績不良であったとされる。野心的な試みを具現化した機体であった。

連合艦隊の航空機「紫雲/水上偵察機」の性能

■全長:11.588m ■全幅:14.00m ■全高:4.95m ■主翼面積:30.00m2 ■自重:3,165kg ■正規全備重量:4,100kg ■飛行能力 □最高速度:468 km/h □航続距離:1,408km ■兵装 □7.7mm機銃1挺 □60kg爆弾2発

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の航空機

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP