九六式陸上輸送機初飛行:1939年
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :航空機『九六式陸上輸送機』

大日本帝国海軍連合艦隊の航空機【九六式陸上輸送機】 ※写真画像:九六式陸上輸送機一一型

『九六式陸上輸送機』は、大日本帝国海軍連合艦隊太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)で運用した航空機。九六式陸上攻撃機二一型輸送機型に改造した機体である。九六式陸輸一一型は10座席を備えた人員輸送機、九六式陸輸二一型は落下傘部隊12名が搭乗可能な特殊輸送機であった。

また、九六式陸上輸送機は、三菱式双発輸送機として民間でも広く活用された。そのうちの1機である「ニッポン」は、1939年8月~10月にかけて、国産飛行機では初となる世界一周飛行を成功させた。このときの総飛行距離は52,886km、実飛行時間は194時間であったとされている。

連合艦隊の航空機「九六式陸上輸送機」の性能

▼九六式陸上輸送機一一型 ■全長:16.45m ■全幅:25.00m ■全高:3.685m ■主翼面積:75.00m2 ■自重:5,070kg ■最大重量:9,390kg ■飛行能力 □最高速度:350km/h □航続距離:4,260km ■兵装:無し

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の航空機

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP