二式艦上偵察機初飛行:1940年11月15日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :航空機『二式艦上偵察機』

大日本帝国海軍連合艦隊の航空機【二式艦上偵察機】 ※写真画像:二式艦上偵察機一一型

『二式艦上偵察機/二式艦偵』は、大日本帝国海軍連合艦隊太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)で運用した航空機。「彗星」の試作機「十三試艦上爆撃機」に偵察用カメラと爆弾倉内蔵式増加燃料タンクを追加した機体である。『二式艦上偵察機』は1942年末から配備が始まり、戦争後期に至るまで日本海軍の眼として活躍した。最高速度と航続力に優れ、操縦性なども搭乗員たちからの評価が高かったとされている。

連合艦隊の航空機「二式艦上偵察機」の性能

▼二式艦上偵察機一一型 ■全長:10.22m ■全幅:11.50m ■全高:3.295m ■主翼面積:23.6m2 ■自重:2,440kg ■過荷重重量:3,870kg ■飛行能力 □最高速度:533.0km/h □航続距離:1,519km ■兵装 □機首7.7mm固定機銃2挺 □後部7.7mm旋回機銃1挺

「二式艦上偵察機」が出撃した海戦
ミッドウェー海戦 太平洋戦争の勝敗を決定づけた海戦!
マリアナ沖海戦 迫る絶望…それでも戦い続ける
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の航空機

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP