九六式艦上爆撃機初飛行:1936年
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :航空機『九六式艦上爆撃機』

大日本帝国海軍連合艦隊の航空機【九六式艦上爆撃機】

『九六式艦上爆撃機/九六式艦爆』は、大日本帝国海軍連合艦隊が運用した航空機。愛知航空機が設計した旧式機の改良試作型である九四式艦上爆撃機改が予想以上に優れた性能を発揮したため、これを『九六式艦上爆撃機』として正式に採用したという。428機が生産され支那事変で主力として活躍、太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では偵察機や対潜哨戒機、空母『大鷹』搭載機として用いられた。また、一部の機体は改造され、『九六式練習用爆撃機』となった。

連合艦隊の航空機「九六式艦上爆撃機」の性能

■全長:9.40m ■全幅:11.40m ■全高: ■主翼面積:34.50m2 ■自重:1,775kg ■正規全備重量:2,800kg ■飛行能力 □最高速度:309km/h □航続距離:1,330km ■兵装 □機首固定7.7mm機銃2挺 □後席旋回7.7mm機銃1挺 □250kg爆弾1発 □30kg爆弾2発

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の航空機

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP