九三式中間練習機初飛行:1933年12月
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :航空機『九三式中間練習機』

大日本帝国海軍連合艦隊の航空機【九三式中間練習機】 ※写真画像:九三式水上中間練習機

『九三式中間練習機/九三式中練』は、大日本帝国海軍連合艦隊太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)で運用した航空機。通称"赤とんぼ"。陸上機型の九三式陸上中間練習機や水上機型の九三式水上中間練習機など、派生型も様々に存在する。川西航空機が設計を行い、練習機として5,770機が生産された。安定性と操縦性に優れ、戦争末期の特攻ではアメリカ海軍駆逐艦『キャラハン』を撃沈するなどの戦果も上げている。太平洋戦争の終戦後も、『九三式中間練習機』インドネシア独立戦争で練習機として使用されたという。

現存機として、山梨県の「河口湖自動車博物館・飛行舘」に1機が展示されている。

連合艦隊の航空機「九三式中間練習機」の性能

▼九三式陸上中間練習機 ■全長:8.05m ■全幅:10.99m ■全高:3.2m ■主翼面積:27.70m2 ■自重:1,000kg ■正規全備重量:1,500kg ■飛行能力 □最高速度:214km/h □航続距離:1,017km ■兵装 □7.7mm固定機銃1挺 □7.7mm旋回機銃1挺 □30kg爆弾2発又は10kg爆弾6発

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の航空機

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP