初級滑空機初飛行:1940年
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :航空機『初級滑空機』

大日本帝国海軍連合艦隊の航空機【初級滑空機】 ※写真画像:文部省式1型

『初級滑空機』は、大日本帝国海軍連合艦隊太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)で運用した滑空機である。「文部省式1型」は文部省、「K-14」は日本小型飛行機が設計を行い、練習用滑空機として1,500機以上が生産された。『初級滑空機』は、将来の軍用機パイロット育成を目的に男子中等学校などで使用されたほか、日本海軍の練習航空隊にも配備され海軍飛行予科練習生の訓練に用いられた。

連合艦隊の航空機「初級滑空機」の性能

▼文部省式1型 ■全長:5.54m ■全幅:10.30m ■全高:2.35m ■主翼面積:15.40m2 ■自重:90kg ■正規全備重量:150kg ■飛行能力 □滑空速度:46.5km/h □航続距離:不明 ■兵装:無し

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の航空機

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP