十六試特殊輸送機初飛行:1942年
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :航空機『十六試特殊輸送機』

大日本帝国海軍連合艦隊の航空機【十六試特殊輸送機】

『十六試特殊輸送機』は、大日本帝国海軍連合艦隊太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)で運用しようとした軍用グライダーである。海軍航空技術廠が設計を行い、大型輸送用滑空機として12機が生産された。空挺部隊を運搬するための滑空機で、兵員11名以上が搭乗可能であった。曳航機として用いられた『九六式陸上攻撃機』または『一式陸上攻撃機』1機につき、『十六試特殊輸送機』2機が曳航可能であったという。しかし空挺部隊が主にパラシュートを使用するようになったため、本機が実戦に用いられることはなかった。

連合艦隊の航空機「十六試特殊輸送機」の性能

■全長:12.50m ■全幅:18.00m ■全高:3.57m ■主翼面積:44.00m2 ■自重:1,600kg ■正規全備重量:2,700kg ■飛行能力:不明 ■兵装:無し

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の航空機

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP