九九式飛行艇初飛行:1936年
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :航空機『九九式飛行艇』

大日本帝国海軍連合艦隊の航空機【九九式飛行艇】

『九九式飛行艇/九九式中艇』は、大日本帝国海軍連合艦隊太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)で運用した航空機。水上での安定性が低い、故障が多いなど問題点はあったが、航続性能が極めて優秀であったため制式採用となった。海軍航空技術廠が設計を行い、生産が開始されたが、同時期に開発された九七式飛行艇のほうが高性能であったため製造された機体は約20機程度。戦争初期において、中部太平洋方面での哨戒任務に使用された。

連合艦隊の航空機「九九式飛行艇」の性能

■全長:20.50m ■全幅:31.57m ■全高:6.72m ■主翼面積:108.00m2 ■自重:7,362kg ■正規全備重量:11,500kg ■飛行能力 □最高速度:306km/h □航続距離:4,730km ■兵装 □7.7mm機銃3挺 □250kg爆弾2発

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の航空機

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP