スラバヤ沖/Java Seaww2:1942年2月27日~3月1日
> >

スラバヤ沖海戦(ジャワ海海戦)/Battle of the Java Sea

スラバヤ沖海戦

スラバヤ沖海戦は、太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)初期、インドネシアのスラバヤ沖にて、日本軍のジャワ島攻略部隊をABDA(連合国)艦隊が迎撃するかたちで始まった艦隊戦である。連合艦隊ABDA艦隊ともに多数の艦船が参加した初の大規模艦隊戦となった。別名「ジャワ海海戦」。

▼純国産の海戦ゲーム!『艦隊これくしょん -艦これ-』PC版・Android版の始め方

スラバヤ沖海戦での各国の参加艦船

【日本海軍】 ■指揮官 「高橋伊望中将」「高木武雄少将」「田中頼三少将」「西村祥治少将」 ▼空母:1隻 『龍驤』 ▼重巡洋艦:4隻 『羽黒』『那智』『足柄』『妙高』 ▼軽巡洋艦:2隻 『神通』『那珂』 ▼駆逐艦:17隻 『』『』『山風』『江風』『雪風』『時津風』『天津風』『初風』『夕立』『五月雨』『村雨』『春雨』『峯雲』『朝雲』『』『』『』  VS 【オランダ海軍】 ■指揮官 「カレル・ドールマン少将」 ▼軽巡洋艦:2隻 『デ・ロイテル(旗艦)』『ジャワ』 ▼駆逐艦:2隻 『ヴィテ・デ・ヴィット』『コルテノール』 【アメリカ海軍】 ▼重巡洋艦:1隻 『ヒューストン』 ▼駆逐艦:5隻 『ジョン・D・エドワーズ』『ポール・ジョーンズ』『ジョン・D・フォード』『オールデン』『ポープ』 【イギリス海軍】 ▼重巡洋艦:1隻 『エクセター』 ▼駆逐艦:3隻 『エレクトラ』『エンカウンター』『ジュピター』 【オーストラリア海軍】 ▼軽巡洋艦:1隻 『パース』

スラバヤ沖海戦・戦闘の経過

1942年2月、大日本帝国軍はジャワ島攻略を目的に、計60隻に及ぶ大船団を派遣した。陸軍の輸送船団と、それを護衛する第二水雷戦隊、第四水雷戦隊、第五戦隊、第四航空戦隊、第十一航空戦隊などである。 一方、連合国側では、日本軍の進撃を阻止すべくABDA司令部を設置。また、ジャワやオーストラリア防衛のための艦隊を編成した。カレル・ドールマン少将を司令長官とし、アメリカ(American)・イギリス(British)・オランダ(Dutch)・オーストラリア(Australian)各国の艦艇で編成された、いわゆるABDA艦隊である。 しかしジャワ沖海戦やバリ島沖海戦で敗れたABDA連合は既に疲弊し、ジャワの防衛にまわせる艦艇も残り少なかった。 2月27日11時50分、日本軍偵察機がスラバヤ沖のABDA艦隊を発見。輸送船団への攻撃を阻止すべく、第二水雷戦隊、第四水雷戦隊、第五戦隊がABDA艦隊へ針路を定めた。またこのとき、ジャワ方面へ向かう水上機母艦『ラングレー』を発見、日本海軍の一式陸上攻撃機が爆撃し撃沈した。 17時頃、スラバヤ北西約30マイル(48km)の海域にて両軍が会敵。後にスラバヤ沖海戦と呼称される大規模艦隊戦へと突入した。

スラバヤ沖での砲雷撃戦

スラバヤ沖海戦は砲撃戦の様相を呈した。日本艦隊は右から左へ斜めに前を横切るいわば「T字戦法」を取ろうとしたが、これに対抗しABDA艦隊は針路を変更、ともに並行するかたちで激しい砲撃・雷撃戦が始まった。 戦闘開始から50分間に日本艦隊側が発射した砲弾は約1500発。18時35分、そのうちの数発が、ABDA艦隊先頭の重巡洋艦『エクセター』に命中、速力を低下させた。さらに重巡洋艦『羽黒』の放った魚雷により、駆逐艦『コルテノール』が轟沈。混乱に陥ったABDA艦隊の様子を確認した高木武雄少将は、全部隊へ「全軍突撃せよ」と命じた。 その後、日本艦隊の猛攻を受け駆逐艦『エレクトラ』が沈没。不利になったABDA艦隊は戦闘海域を一時離脱した。次の手を打とうとしている最中、オランダ海軍が勝手に仕掛けていた機雷に、最後尾にいたイギリス海軍駆逐艦『ジュピター』が接触、突然の大爆発の末に沈没した。 日本船団攻撃の任務を諦めないカレル・ドールマン少将はそのまま艦隊を北上させるが、2月28日0時頃から再び始まった戦闘で『羽黒』『那智』からの酸素魚雷による雷撃を受け『ジャワ』が沈没。そしてABDA艦隊司令長官であるカレル・ドールマン少将も旗艦『デ・ロイテル』と共に暗闇の海に沈んだ。

第二次スラバヤ沖海戦

スラバヤ沖海戦・初日の戦闘で大破していた『エクセター』を含め、いかにこの海域を脱出するかという目的に切り替わっていた連合国軍側では、3月1日の海戦は別名「第二次ジャワ海海戦」とも呼称されている。 日本艦隊側は11時頃に『エクセター』『エンカウンター』『ポープ』を発見、追撃を開始した。 3隻はスコールに飛び込み隠れるなど奮闘するが、13時30分頃、日本艦隊の猛攻を受け『エクセター』が沈没、続いて『エンカウンター』『ポープ』もさらなる追撃を受け海底に沈んだ。 ちなみにこの時、『エクセター』に止めとなる魚雷を命中させた『雷』や『電』により、敵生存者の救助作業が翌日に掛けて行われた。そのなかには、「サンキュウ」と感謝の言葉を述べる兵士もいたという。 こうしてスラバヤ沖海戦は大日本帝国海軍連合艦隊の完全勝利で幕を閉じた。ABDA艦隊は、主力艦が全滅し、司令長官であるカレル・ドールマン少将が戦死したことで壊滅することとなった。

▽このページをシェアする/Share this page

スラバヤ沖海戦での各国の被害状況

日本海軍>> 【大破】:『朝雲』 オランダ海軍>> 「カレル・ドールマン少将」戦死 【沈没】:『デ・ロイテル』『ジャワ』『コルテノール』 アメリカ海軍>> 【沈没】:『ポープ』 【小破】:『ヒューストン』 イギリス海軍>> 【沈没】:『エクセター』『エレクトラ』『エンカウンター』『ジュピター』

DMM宅配買取

◆ホーム:大日本帝国海軍 連合艦隊 WORLD WAR 2:太平洋戦争 海戦の記録

【空母いぶき】海上自衛隊 vs 中国人民解放軍!人気漫画家が描く、現代日本の極限リアル

50円~

連合艦隊の海戦一覧

DMM宅配買取

↑ PAGE TOP