重巡洋艦【足柄/Ashigara】竣工:1929年8月20日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :重巡洋艦『足柄』

大日本帝国海軍連合艦隊の重巡洋艦【足柄/Ashigara】

重巡洋艦『足柄/あしがら』は、大日本帝国海軍妙高型重巡洋艦の3番艦。神奈川県箱根の足柄山に由来するこの艦名は、海上自衛隊あたご型護衛艦の2番艦『あしがら』にも受け継がれている。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では、スラバヤ沖海戦で活躍し、第二南遣艦隊旗艦となってからはシンガポール方面での活動に従事した。終戦間近の1945年6月7日、イギリス海軍潜水艦『トレンチャント』の雷撃を受け沈没。

連合艦隊の重巡洋艦『足柄』概要

1937年5月20日、重巡洋艦足柄は、イギリスで行われたジョージ6世戴冠記念観艦式に招待艦として派遣された際、「飢えた狼」という異名を付けられたとされる。気品やゆとりがないといった意味合いであったが、その一方で「高速で兵装の強力な艦」とも評価された。 ■全長:203.76m ■全幅:20.73m ■乗員:704名 ■排水量:13,000t ■巡航能力 □速力:33.0kt □航続距離:12,964km ■兵装 □三年式2号20.3cm連装砲5基10門 □89式12.7cm連装高角砲4基8門 □96式25mm連装機銃4基8門 □93式13mm連装機銃2基4門 □92式61cm4連装水上発射管4基16門 □93式酸素魚雷24本 ■搭載機 □水上偵察機:3機

『足柄』が参加した海戦
スラバヤ沖海戦 太平洋戦争初の大規模艦隊戦!
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊
ミンドロ島沖海戦 ミンドロ島奪回のため礼号作戦発令!

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の重巡洋艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP