重巡洋艦【利根型/Tone class】竣工:1938年11月20日~1939年5月20日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :重巡洋艦『利根型』

大日本帝国海軍連合艦隊:利根型重巡洋艦

利根型重巡洋艦とは、太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)で活躍した大日本帝国海軍連合艦隊の重巡洋艦の艦型を指す。利根、筑摩の2隻が建造され、様々な作戦に投入された。利根型は艦後部にカタパルトを装備し水上偵察機6機を搭載可能であったため、通常の巡洋艦に比べ索敵能力に優れていた。

日本海軍:利根型重巡洋艦の概要

1番艦:利根 2番艦:筑摩 ■全長:201.6m ■全幅:19.4m ■乗員:869名 ■排水量:13,320t ■巡航能力 □速力:35.55kt □航続距離:14,816km ■兵装 □50口径20.3cm連装砲4基8門 □40口径12.7cm連装高角砲4基8門 □25mm連装機銃6基 □13mm連装機銃2基 □90式61cm3連装魚雷発射管4基 ■搭載機:水上偵察機最大6機 □零式水上偵察機

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の重巡洋艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP