【重巡洋艦/利根】水上機6機搭載!主砲を艦前部に集中配置した航空巡洋艦/とね/Tone/利根型重巡洋艦1番艦:大日本帝国海軍連合艦隊艦艇・艦船の性能・史実
重巡洋艦【利根/Tone】竣工:1938年11月20日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :重巡洋艦『利根』

大日本帝国海軍連合艦隊の重巡洋艦【利根/Tone】

重巡洋艦『利根/とね』は、大日本帝国海軍利根型重巡洋艦の1番艦。艦名は関東地方を流れる利根川に由来し、海上自衛隊あぶくま型護衛艦『とね』にも継承された。艦前部に主砲を集中配置、後部を飛行甲板とした珍しい重巡洋艦であった。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では、その索敵能力を活かしつつ主要な海戦に参加し、最後は空襲を受け大破した状態で終戦を迎えた。

連合艦隊の重巡洋艦『利根』の性能

重巡洋艦『利根』は、主砲である20.3cm連装砲4基8門を全て艦前部に配置し、それによって空いた艦後部のスペースを水上偵察機の発進甲板とした珍しい重巡洋艦であった。水上偵察機を最大6機搭載可能となったことで索敵性能が向上したほか、太平洋戦争緒戦では、爆弾を装備し敵陣への爆撃を行うなど軽空母のような任務も遂行した。 ■全長:201.6m ■全幅:19.4m ■乗員:869名 ■排水量:13,320t ■巡航能力 □速力:35.55kt □航続距離:17,112km ■兵装 □20.3cm連装砲4基8門 □40口径12.7cm連装高角砲4基8門 □25mm三連装機銃14基42挺 □25mm連装機銃2基4挺 □25mm単装機銃21挺 □61cm3連装魚雷発射管4基12門 ■搭載機:水上偵察機最大6機 □零式水上偵察機九五式水上偵察機九四式水上偵察機

『利根』が参加した海戦
真珠湾攻撃 米主力艦隊壊滅!太平洋戦争の始まり
セイロン沖海戦 インド洋で連合艦隊怒涛の攻撃!
ミッドウェー海戦 太平洋戦争の勝敗を決定づけた海戦!
第二次ソロモン海戦 終わりなきソロモンの攻防
南太平洋海戦 ガダルカナル島を賭けた大艦隊戦!
マリアナ沖海戦 迫る絶望…それでも戦い続ける
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊
呉軍港空襲 全艦対空戦闘用意!日本海軍最後の戦い

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の重巡洋艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP