重巡洋艦【古鷹/Furutaka】竣工:1926年3月31日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :重巡洋艦『古鷹』

大日本帝国海軍連合艦隊の重巡洋艦【古鷹/Furutaka】

重巡洋艦『古鷹/ふるたか』は、 大日本帝国海軍連合艦隊古鷹型重巡洋艦の1番艦である。艦名の古鷹は、広島県江田島市にある古鷹山に由来する。竣工時、20cm砲を装備していたことで世界の注目を集めたという。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)の緒戦に参加し、サボ島沖海戦で戦没した。

連合艦隊の重巡洋艦『古鷹』概要

装填中 ■全長:185.166m ■全幅:16.926m ■乗員:639名 ■排水量:10,630t ■巡航能力 □速力:32.95kt □航続距離:12,964km ■兵装 □50口径20.3cm連装砲3基6門 □45口径12cm単装高角砲4門 □61cm4連装魚雷発射管2基8門 □九三式魚雷16本 ■搭載機:2機

『古鷹』が参加した海戦
珊瑚海海戦 人類史上初!空母同士の熾烈な艦隊決戦!
第一次ソロモン海戦 敵大部隊へ向け第八艦隊が出撃!
サボ島沖海戦 疑念を拭えない両軍将官の葛藤

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の重巡洋艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP