重巡洋艦【最上/Mogami】竣工:1935年7月28日

大日本帝国海軍 連合艦隊 :重巡洋艦『最上』

大日本帝国海軍連合艦隊の重巡洋艦【最上/Mogami】

重巡洋艦『最上/もがみ』は、大日本帝国海軍最上型重巡洋艦の1番艦。艦名は山形県を流れる最上川に由来する。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では重巡洋艦として緒戦で活躍したが、ミッドウェー海戦で大破した際に航空巡洋艦に改造された。レイテ沖海戦にて戦没。

日本海軍:重巡洋艦『最上』の性能

重巡洋艦最上は1931年10月27日に呉海軍工廠にて起工、1935年7月28日に竣工した。主機は純国産の艦本式ギヤードタービンを搭載。主砲は60口径三年式15.5cm3連装砲を採用したが、後の改装で独自の20cm連装砲に換装し、これは最上型砲塔とも呼ばれた。その後、主砲はさらに口径203mmに換装され、一撃の破壊力が向上した。 巡洋艦として建造された最上だが、ミッドウェー海戦で主力空母4隻を失った影響もあり、日本海軍は最上を航空巡洋艦へと改造することを決定。工事は佐世保海軍工廠で進められ、1943年4月に完了した。航空巡洋艦となった最上は砲撃力が低下したが、水上機用の後部航空甲板や燃料タンクを増設し、水上機11機を搭載可能な重巡洋艦となった。 また、戦争末期にはレーダーや機銃が増設され対空戦闘能力や探知能力が向上した。 ■全長:200.6m ■全幅:20.6m ■乗員:944名 ■排水量:12,200t ■巡航能力 □速力:34.735kt □航続距離:14,816km(14kt) ■兵装 □50口径三年式20.3cm最上型連装砲3基 □40口径八九式12.7cm連装高角砲4基 □九六式25mm3連装機銃10基 □九〇式61cm3連装水上発射管4基 ■レーダー □二式2号電波探信儀1型:1基 □仮称2号電波探信儀2型:2基 □三式1号電波探信儀3型:1基 ■搭載機:最大11機 □零式水上偵察機零式水上観測機

『最上』が参加した海戦
バタビア沖海戦 蘭印作戦を成功に導いた海戦!
セイロン沖海戦 インド洋で連合艦隊怒涛の攻撃!
ミッドウェー海戦 太平洋戦争の勝敗を決定づけた海戦!
マリアナ沖海戦 迫る絶望…それでも戦い続ける
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の重巡洋艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP