バンタム湾沖/Sunda Straitww2:1942年3月1日
> >

バタビア沖海戦

バタビア沖海戦

バタビア沖海戦は、太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)初期、ABDA(連合国)艦隊の残党を大日本帝国海軍連合艦隊の艦艇が迎え撃った艦隊戦である。別名「スンダ海峡海戦」。 スラバヤ沖海戦で敗北し離脱したABDA艦隊の3隻は、南方へ脱出するためスンダ海峡へ向かっていた。しかしその途中、ジャワ島西部の都市バタビア(バタヴィア)沖にて、標的としていた日本海軍の輸送船団に偶然遭遇。護衛艦艇がいないことを確認後、直ちに攻撃を開始した。

▼純国産の海戦ゲーム!『艦隊これくしょん -艦これ-』PC版・Android版の始め方

バタビア沖海戦での各国の参加艦船

【日本海軍】 ■指揮官 「原顕三郎少将」 ▼重巡洋艦:2隻 『最上』『三隈』 ▼軽巡洋艦:1隻 『名取(旗艦)』 ▼駆逐艦:13隻 『旗風』『朝風』『初雪』『白雪』『吹雪』『白雲』『叢雲』『敷波』『皐月』『水無月』『文月』『長月』『春風』  VS 【オーストラリア海軍】 ■指揮官 「H・ウォーラー大佐」 ▼軽巡洋艦:1隻 『パース(旗艦)』 【アメリカ海軍】 ■指揮官 「A・H・ルークス大佐」 ▼重巡洋艦:1隻 『ヒューストン』 【オランダ海軍】 ▼駆逐艦:1隻 『エヴェルトセン』

バタビア沖海戦での夜戦の経過

バタビア沖海戦が生起する少し前、日本陸軍第16軍の輸送船56隻は、蘭印作戦の一環でジャワ島を攻略すべく陸軍戦力・物資の揚陸を開始していた。これを護衛するのは原顕三郎少将の第五水雷戦隊と、栗田健男少将の第七戦隊であった。 3月1日0時09分、付近を哨戒していた駆逐艦『吹雪』が、日本軍輸送船団へ突撃中のABDA艦隊巡洋艦『パース』『ヒューストン』を発見。続いて、他方面を哨戒中の軽巡洋艦『名取』と駆逐艦『初雪』『白雪』『春風』もそれぞれ敵艦2隻を捉える。 しかし依然として護衛の日本艦隊を発見できていなかった『パース』『ヒューストン』は、0時37分、ついに揚陸中の日本軍輸送船団に到達し、照明弾を発射後砲撃を開始した。 バタビア沖海戦へと移行した0時44分、ABDA艦隊に追いついた『吹雪』が後方から9本の魚雷を発射し、さらに砲撃での猛攻を加えるも命中せず。これに敵艦2隻が反撃してきたため『吹雪』は煙幕を展開し離脱したが、この時、『春風』が海域に突入し、輸送船団を隠すように煙幕を展開したことで、レーダーを装備していなかった『パース』『ヒューストン』は輸送船団を捕捉不能となった。 原顕三郎少将は全駆逐艦へ突撃命令を下し、そして自身の乗る『名取』にも攻撃を開始させた。敵艦隊から放たれた砲弾が降り注ぐなか、1時10分から1時14分までの間に『初雪』『白雪』が計18本、『朝風』が6本、『名取』が4本の魚雷を発射。それに続き、短時間で各艦艇が大量の魚雷・砲撃を浴びせたことで、まず『パース』が沈没し、その後2時06分、『ヒューストン』も転覆し沈没していった。さらにその後の3時30分、同様にスラバヤ沖海戦から離脱していた駆逐艦『エヴェルトセン』が駆逐艦『白雲』『叢雲』によって発見され、砲撃を受けた後、逃走中に座礁し爆発、そのまま放棄された。 この間、日本艦隊では『春風』が砲撃を受け損傷、輸送船1隻が魚雷で撃沈され、さらに2隻の輸送船が魚雷により大破していた。このうち『春風』と輸送船1隻の被害は敵艦隊からの攻撃によるものだが、他2隻については同士討ちであったとされている。このバタビア沖海戦では、日本艦隊が放った大量の魚雷はもちろん敵艦隊を狙ったものではあるが、そのちょうど延長線上に輸送船団がいた。 第五水雷戦隊司令部の謝罪に対し、陸軍第16軍の今村均陸軍中将はこれを快く受け入れ、この件については敵魚雷艇から受けた攻撃とすることを提案し海軍の顔を立てたという。 大日本帝国海軍の活躍で、大きな被害もなくジャワ島への上陸に成功した日本陸軍第16軍の進撃により、この後、バンドン要塞が陥落。3月9日にオランダ軍が降伏することとなった。

▽このページをシェアする/Share this page

バタビア沖海戦での各国の被害状況

日本海軍>> 【小破】:『春風』 オーストラリア海軍>> 【沈没】:『パース』 アメリカ海軍>> 【沈没】:『ヒューストン』 オランダ海軍>> 【沈没】:『エヴェルトセン』

DMM宅配買取

◆ホーム:大日本帝国海軍 連合艦隊 WORLD WAR 2:太平洋戦争 海戦の記録

【空母いぶき】海上自衛隊 vs 中国人民解放軍!人気漫画家が描く、現代日本の極限リアル

50円~

連合艦隊の海戦一覧

DMM宅配買取

↑ PAGE TOP