Mindoro Island, Philippinesww2:1944年12月26日
> >

ミンドロ島沖海戦/Battle of Mindoro

ミンドロ島沖海戦

太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)末期の1944年12月15日、アメリカ軍がミンドロ島に上陸した。奪われたミンドロ島を奪回するため、大日本帝国海軍は礼号作戦を発令。ミンドロ島沖海戦は、その一端として展開されることとなる。疲弊しきった大日本帝国海軍による最後の反撃は果たして成功するのか。

動画:ミンドロ島沖海戦当時の映像

▼純国産の海戦ゲーム!『艦隊これくしょん -艦これ-』PC版・Android版の始め方

ミンドロ島沖海戦での各国の参加艦船

【日本海軍】 ■指揮官 「木村昌福少将」 ▼重巡洋艦:1隻 『足柄』 ▼軽巡洋艦:1隻 『大淀』 ▼駆逐艦:6隻 『(旗艦)』『朝霜』『』『』『』『清霜』  VS 【アメリカ海軍】 ▼重巡洋艦:2隻 『ルイビル』『ミネアポリス』 ▼軽巡洋艦:2隻 『フェニックス』『ボイシ』 ▼駆逐艦:8隻 ○魚雷艇:10隻 ○基地航空機:120機 ○輸送船:4隻 『ジェームス・A・ブリーステット』他

襲い来るアメリカ軍機の群れ

礼号作戦とは、ミンドロ島のアメリカ軍を攻撃するための作戦を指す。これに速度重視という方針で臨んだ木村昌福司令官は、あえて駆逐艦『霞』を挺身部隊の旗艦とし、1944年12月24日、フランス領であるインドシナのカムラン湾から全艦を出撃させた。 26日の16時25分頃、アメリカ軍機『B-24』に発見されるが、木村昌福司令官はこれを意に介さず「予定通リ、突入ス」と各艦へ打電、ミンドロ島へ向け進撃を続行させる。18時39分に日没となるまでに、ミンドロ島から飛び立った航空部隊が襲撃してきたが、あり合わせの装備であったためか機銃掃射のみだった。 当日夜は月が明るく天気も晴れ。20時半を回った頃、上空から丸見えである連合艦隊の挺身部隊に対し、装備を揃えた120機のアメリカ軍機が襲来。ミンドロ島沖海戦は対空戦の様相となる。 20時45分に『朝霜』が爆撃を受けるがこれは命中せず、続いて『大淀』に2発の爆弾が命中するが不発だった。しかし『清霜』に投下された爆弾は機関室に直撃し爆発、同艦を航行不能に陥らせる。また『足柄』には爆撃機『B-25』が衝突し火災を発生させた。 暗闇の海を燃え上がる炎で照らしながら沈没していく『清霜』を止むを得ず取り残し、日本海軍挺身部隊はマンガリン湾へ突入し砲撃を開始。輸送船『ジェームス・A・ブリーステット』を撃沈し、その後20分間にわたり物資集積所などを砲撃した。 そして27日午前0時04分、挺身部隊は退避行動に移りつつ、全艦で協力し沈没した『清霜』の乗員の救助に当たった。速度重視の艦隊編成が功を奏したのか、2時15分に救助活動を終えカムラン湾へ帰投するまでの間、日本艦隊迎撃のために派遣された巡洋艦4隻、駆逐艦8隻からなるアメリカ艦隊に捕捉されずに作戦は成功するかたちとなった。 太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)における、大日本帝国海軍による最後の勝利である。しかし礼号作戦の成功と引き換えに、また貴重な海軍戦力を失う結果となった。

▽このページをシェアする/Share this page

ミンドロ島沖海戦での各国の被害状況

日本海軍>> 【沈没】:『清霜』 【小破】:『足柄』 アメリカ海軍>> 【沈没】:『ジェームス・A・ブリーステット』 魚雷艇数隻損傷 航空機30機損失

DMM宅配買取

◆ホーム:大日本帝国海軍 連合艦隊 WORLD WAR 2:太平洋戦争 海戦の記録

【空母いぶき】海上自衛隊 vs 中国人民解放軍!人気漫画家が描く、現代日本の極限リアル

50円~

連合艦隊の海戦一覧

DMM宅配買取

↑ PAGE TOP