軽巡洋艦【大淀/Oyodo】竣工:1943年2月28日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :軽巡洋艦『大淀』

大日本帝国海軍連合艦隊の軽巡洋艦【大淀/Oyodo】

大日本帝国海軍の軽巡洋艦『大淀/おおよど』は、連合艦隊旗艦を務めた最後の艦艇である。艦名は鹿児島県・宮崎県を流れる大淀川に由来する。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)中期までは輸送任務に従事し、その後、1944年5月~9月まで連合艦隊司令部の役割を果たした。1945年7月28日の呉軍港空襲で大破横転し、そのまま終戦を迎えた。

連合艦隊の軽巡洋艦『大淀』概要

装填中 ■全長:192.00m ■全幅:16.60m ■乗員:782名 ■排水量:11,433t ■巡航能力 □速力:35.199kt □航続距離:19,103km ■兵装 □15.5cm3連装砲2基 □98式10cm連装高角砲4基 □25mm三連装機銃12基 □25mm単装機銃21挺 ■搭載機:2機 □零式水上偵察機瑞雲水上偵察機

『大淀』が参加した海戦
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊
ミンドロ島沖海戦 ミンドロ島奪回のため礼号作戦発令!
呉軍港空襲 全艦対空戦闘用意!日本海軍最後の戦い

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の軽巡洋艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP