練習巡洋艦【鹿島/Kashima】竣工:1940年5月31日
> > > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :練習巡洋艦『鹿島』

大日本帝国海軍連合艦隊の練習巡洋艦【鹿島/Kashima】

練習巡洋艦『鹿島/かしま』は、大日本帝国海軍連合艦隊香取型練習巡洋艦の2番艦。艦名の鹿島は茨城県鹿嶋市の鹿島神宮に由来する。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)開戦時は連合艦隊:第四艦隊旗艦を務め、戦争末期には呉練習戦隊に編入、主に訓練や乗艦実習などに従事した。終戦後、『鹿島』に搭載されていた内火艇1隻が海上警備隊『鹿島1号』として利用された。

連合艦隊の練習巡洋艦『鹿島』の性能

■全長:133.50m ■全幅:16.70m ■乗員:675名 ■排水量:6,697t ■巡航能力 □速力:19.0kt □航続距離:17,594km ■兵装 □50口径三年式14cm連装砲2基 □12.7cm連装高角砲1基 □25mm連装機銃2基 □六年式53cm連装発射管2基 ■搭載機 □零式水上偵察機:1機

『鹿島』が参加した海戦
珊瑚海海戦 人類史上初!空母同士の熾烈な艦隊決戦!

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の軽巡洋艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP