軽巡洋艦【五百島/寧海】竣工:1932年7月31日
> > > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :軽巡洋艦『五百島/寧海』

大日本帝国海軍連合艦隊の軽巡洋艦【寧海/Ning Hai:五百島/Ioshima】

軽巡洋艦『五百島/いそしま』は、もともとは日本国内で建造後に中国軍に編入された寧海級巡洋艦の1番艦『寧海』であった。しかしその後、日中戦争中に鹵獲し大日本帝国海軍に編入、『五百島』に改名された。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では海上護衛任務に従事した。

連合艦隊の軽巡洋艦『五百島/寧海』概要

装填中 ■全長:106.7m ■全幅:11.95m ■乗員:361名 ■排水量:2,526t ■巡航能力 □速力:22.0kt □航続距離:9,260km ■兵装 □50口径14cm連装砲3基 □40口径7.62cm単装高角砲6基 □ヴィッカーズ式40mm機銃8丁 □マキシム8mm機銃10丁 □53.3cm水上魚雷発射管連装2基 ■搭載機:1機

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の軽巡洋艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP