軽巡洋艦【神通/Jintsu】竣工:1925年7月31日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :軽巡洋艦『神通』

大日本帝国海軍連合艦隊の軽巡洋艦【神通/Jintsu】

軽巡洋艦『神通/じんつう』は、大日本帝国海軍連合艦隊・川内型軽巡洋艦の2番艦。艦名は岐阜県・富山県を流れる神通川に由来する。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では第二水雷戦隊旗艦を務め、数々の作戦に参加。コロンバンガラ島沖海戦にて壮絶な最後を遂げ、後に、元アメリカ海軍将校から神通こそ太平洋戦争中、最も激しく戦った日本軍艦であると評された。

連合艦隊の軽巡洋艦『神通』概要

■全長:162.46m ■全幅:14.2m ■乗員:446名 ■排水量:5,595t ■巡航能力 □速力:35.3kt □航続距離:9,260km ■兵装 □50口径14cm単装砲7門 □96式25mm連装機銃2基4門 □保式13mm四連装機銃1基4門 □7.7mm単装機銃2挺 □61cm四連装魚雷発射管2基8門 □酸素魚雷16本 ■搭載機 □零式水上偵察機:1機

『神通』が参加した海戦
スラバヤ沖海戦 太平洋戦争初の大規模艦隊戦!
ミッドウェー海戦 太平洋戦争の勝敗を決定づけた海戦!
第二次ソロモン海戦 終わりなきソロモンの攻防
コロンバンガラ島沖海戦 鬼神のごとき『神通』の闘志

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の軽巡洋艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP