軽巡洋艦【木曾/Kiso】竣工:1921年5月4日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :軽巡洋艦『木曾』

大日本帝国海軍連合艦隊の軽巡洋艦【木曾/Kiso】

軽巡洋艦『木曾/きそ』球磨型軽巡洋艦の5番艦であるが、格納庫と滑走台を設置したため他の球磨型に比べ艦橋構造物が大型化していた。艦名の由来は東海地方を流れる木曽川に因む。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では主に輸送任務に従事した。解体されたのが1956年であったため、艦齢は35年。これは大日本帝国海軍の軽巡洋艦で最長とされている。

連合艦隊の軽巡洋艦『木曾』概要

装填中 ■全長:162.15m ■全幅:14.17m ■乗員:450名 ■排水量:5,500t ■巡航能力 □速力:36.0kt □航続距離:9,260km ■兵装 □50口径14cm単装砲5門 □40口径12.7cm連装高角砲1基2門 □96式25mm三連装機銃4基12門 □同25mm連装機銃6基12門 □同25mm単装機銃14基14門 □13mm連装機銃1基2門 □13mm単装機銃10基14門 □53cm連装魚雷発射管4基

『木曾』が参加した海戦
ケ号作戦(キスカ島撤退作戦) キスカ島の奇跡とミステリーな海戦

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の軽巡洋艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP