Balikpapan, Borneoww2:1942年1月24日
> >

バリクパパン沖海戦/Battle of Balikpapan

バリクパパン沖海戦

バリクパパン沖海戦は、太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)初期である1942年1月24日に発生した海戦で、わずか30分間程度の夜間海上戦闘であった。大日本帝国海軍の輸送船団および護衛の第四水雷戦隊は突入してきたアメリカ海軍の駆逐艦4隻に翻弄された。別名「マカッサル海峡海戦」。

バリクパパン沖海戦での各国の参加艦船

【日本海軍】 ■指揮官 「西村祥治少将」 ▼軽巡洋艦:1隻 『那珂』 ▼駆逐艦:10隻 『夕立』『五月雨』『春雨』『村雨』『峯雲』『夏雲』『山風』『涼風』『江風』『海風』 ○小艦艇:10隻 ○輸送船:16隻  VS 【アメリカ海軍】 ■指揮官 「ポール・H・タルボット中佐」 ▼駆逐艦:4隻 『ジョン・D・フォード』『パロット』『ポール・ジョーンズ』『ポープ』 ○航空機9機 【オランダ海軍】 ▼潜水艦:2隻 『K-18』他

視界不良で敵艦隊を発見できず

1942年(昭和17年)1月10日、ボルネオ島のタラカンを占領した日本軍は、次にボルネオ島のバリクパパンに上陸作戦を展開した。 1月24日未明、オランダ海軍の潜水艦『K-18』の魚雷攻撃、「B-10爆撃機」の空襲で日本海軍の輸送船2隻が撃沈。さらに、続くアメリカ海軍の第59駆逐隊『ジョン・D・フォード』『パロット』『ポール・ジョーンズ』『ポープ』の速やかな攻撃により日本軍は輸送船3隻、哨戒艇1隻を失った。 この時、火災による地上施設の煤煙のため視界は不良、しかし逆光で日本軍輸送船団のシルエットはアメリカ艦隊から丸見えという状況であったため、連合艦隊の護衛部隊は敵艦隊を発見できず、被害が明らかになったのは朝を迎えてからであった。 タルボット中佐は大きな戦果を挙げたが、すでに日本軍部隊の揚陸は完了しており、バリクパパンの占領については阻止出来なかった。日本軍は次いでバンジャルマシンも無血占領し、ボルネオ島の制圧に成功した。 ちなみに、このバリクパパン沖海戦で沈められた輸送船には、後に内閣総理大臣となる中曽根康弘が主計科士官、及び消火班長として乗り込んでいた。

▽このページをシェアする/Share this page

バリクパパン沖海戦での各国の被害状況

日本海軍>> 【沈没】:輸送船5隻 【大破】:小艦艇1隻 アメリカ海軍>> 被害なし オランダ海軍>> 被害なし

◆ホーム:大日本帝国海軍 連合艦隊 WORLD WAR 2:太平洋戦争 海戦の記録

【空母いぶき】海上自衛隊 vs 中国人民解放軍!人気漫画家が描く、現代日本の極限リアル

50円~

連合艦隊の海戦一覧

↑ PAGE TOP