駆逐艦【五月雨/Samidare】竣工:1937年1月29日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :駆逐艦『五月雨』

大日本帝国海軍連合艦隊の駆逐艦【五月雨/Samidare】

大日本帝国海軍連合艦隊の駆逐艦『五月雨』は、白露型駆逐艦の6番艦。艦名の五月雨とは、"陰暦五月頃に降り続く雨"を意味し、海上自衛隊むらさめ型護衛艦の6番艦『さみだれ』にも継承された。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では、様々な海戦を闘い抜いた。1944年8月26日、ガルワングル環礁で座礁中に、アメリカ海軍潜水艦『バットフィッシュ』に雷撃され沈没。

連合艦隊の駆逐艦『五月雨』概要

装填中 ■全長:111.0m ■全幅:9.9m ■乗員:226名 ■排水量:1,685t ■巡航能力 □速力:34.0kt □航続距離:7,408km ■兵装 □50口径12.7cm連装砲2基4門 □50口径12.7cm単装砲1基1門 □毘式四十粍機銃2基 □61cm四連装魚雷発射管2基8門 □魚雷16本 □爆雷投射機2基 □爆雷16個

『五月雨』が参加した海戦
バリクパパン沖海戦 後の内閣総理大臣も参戦していた!
スラバヤ沖海戦 太平洋戦争初の大規模艦隊戦!
ミッドウェー海戦 太平洋戦争の勝敗を決定づけた海戦!
第三次ソロモン海戦 船の墓場と化すソロモン
ケ号作戦・壱 米軍を騙しつつガダルカナル島撤退
ケ号作戦(キスカ島撤退作戦) キスカ島の奇跡とミステリーな海戦
第二次ベララベラ海戦 この海戦に懸けられた同胞たちの命
ブーゲンビル島沖海戦 ろ号作戦で展開されたカオスな艦隊戦!
マリアナ沖海戦 迫る絶望…それでも戦い続ける

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の駆逐艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP