駆逐艦【島風:島風型】竣工:1943年5月10日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :駆逐艦『島風』

大日本帝国海軍連合艦隊の駆逐艦『島風』

大日本帝国海軍連合艦隊の駆逐艦『島風/しまかぜ』は、高速重雷装の艦隊型駆逐艦である。島風型駆逐艦として計16隻建造される計画であったが、戦術が再考されたことで結局『島風』1隻のみ竣工となった。艦名の島風は"島に吹く風"に由来し、海上自衛隊はたかぜ型護衛艦2番艦『しまかぜ』にも受け継がれた。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では数々の作戦と主要な海戦に参加したが、1944年11月11日、多号作戦遂行中にアメリカ軍機の空襲を受け、オルモック湾に沈没した。

▼オルモック湾海底で駆逐艦・島風発見か/ポール・アレン氏率いる探査チーム

動画:駆逐艦『島風』のプラモデル

島風型駆逐艦の性能

島風は1941年に起工した一等駆逐艦。高温高圧缶の採用による高速航行、島風型専用に新開発された零式五連装水上発射管による重雷装など、その基本性能の高さが特徴の次世代艦隊型駆逐艦である。 しかし太平洋戦争での戦術の変化によって水雷戦の可能性が低下したことと、手間のかかる生産工程がネックとなり16隻建造の予定が結局、島風1隻のみとなった。 この島風という艦名は初期の峯風型駆逐艦でも使用されているが、初代島風が当時の駆逐艦で最速となる40.7ノットを記録していたことから、同様に速度に優れた二代目もそれに因んで名付けられた。ちなみに二代目島風は高負荷全力公試で40.9ノットを記録。これは、魚雷艇を除けば当時の艦艇のなかで最速とされている。 ■全長:129.50m ■全幅:11.20m ■乗員:294名 ■排水量:3,323t ■巡航能力 □速力:40.90kt □航続距離:11,112km ■兵装 □50口径三年式12.7センチ連装砲D型改一3基 □25mm機銃3連装4基 □25mm連装機銃1基 □25mm単装機銃7挺・据付座7基 □13mm単装機銃1挺 □零式5型5連装魚雷発射管3基 □93式魚雷15本 □94式爆雷投射機1基・装填台1基 □爆雷投下台6基 □爆雷投下軌道2組 □爆雷18個 □小掃海具2組

駆逐艦『島風』の最後

史上最大の海戦と呼ばれるレイテ沖海戦を生き残った駆逐艦島風は、マニラに進出し、多号作戦(レイテ島増援輸送作戦)第二水雷戦隊旗艦として投入された。 低速の輸送船を中心とした第三次輸送部隊に編入された島風はその任務中、アメリカ軍偵察機に発見されてしまう。その直後、アメリカ海軍空母13隻から約350機もの航空機が輸送隊に来襲。 輸送任務中の狭い湾内で襲われた島風だが、巧みな操艦と艦艇自体の優れた速力によってアメリカ軍機の攻撃を尽く回避し、この時、爆弾や魚雷による直撃はなかったという。 しかし、多数の至近弾や機銃掃射を浴びた島風は徐々に浸水、さらに機関がオーバーヒートし航行不能になる。それから間もなく、艦後部の爆発により島風は沈没した。

『島風』が参加した海戦
ケ号作戦・弐 キスカ島の奇跡とミステリーな海戦
マリアナ沖海戦 迫る絶望…それでも戦い続ける
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の駆逐艦

DMM宅配買取
アイドルチャンネル

連合艦隊の艦艇・航空機

↑ PAGE TOP