【駆逐艦/春風】京都・竹野港で防波堤となった駆逐艦/はるかぜ/Harukaze/神風型駆逐艦3番艦:大日本帝国海軍連合艦隊艦艇・艦船の性能・史実
駆逐艦【春風/Harukaze】竣工:1923年5月31日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :駆逐艦『春風』

大日本帝国海軍連合艦隊の駆逐艦【春風/Harukaze】

大日本帝国海軍の駆逐艦『春風/はるかぜ』は、2代目神風型駆逐艦の3番艦。艦名の春風は"春吹く風"を意味し、海上自衛隊はるかぜ型護衛艦の1番艦『はるかぜ』にも継承された。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)ではバタビア沖海戦に参加、その後は船団護衛に従事した。終戦後は京都府京丹後市の竹野港で防波堤として利用された。

連合艦隊の駆逐艦『春風』概要

装填中 ■全長:102.6m ■全幅:9.2m ■乗員:154名 ■排水量:1,270t ■巡航能力 □速力:37.3kt □航続距離:6,667km ■兵装 □45口径12cm単装砲2基2門 □53cm魚雷連装発射管2基4門

『春風』が参加した海戦
バタビア沖海戦 蘭印作戦を成功に導いた海戦!

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の駆逐艦

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP