戦艦【扶桑/Fuso】竣工:1915年11月8日
> > >

艦隊これくしょん -艦これ-

大日本帝国海軍 連合艦隊 :戦艦『扶桑』

大日本帝国海軍連合艦隊の戦艦【扶桑/Fuso】

大日本帝国海軍連合艦隊の戦艦『扶桑』は、扶桑型戦艦の1番艦。日本独自の設計による、日本海軍初の超弩級戦艦である。艦名の扶桑は、日本の古い異名とされている。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)末期のスリガオ海峡海戦レイテ沖海戦)で、敵大艦隊の待ち伏せを受け轟沈した。『扶桑』の壮絶な末路であった。

▼海外の反応:海底で戦艦山城、扶桑が発見される!スリガオ海峡海戦で戦没した艦艇か

連合艦隊の戦艦『扶桑』概要

装填中 ■全長:192.0m ■全幅:28.68m ■乗員:1,193名 ■排水量:30,650t ■巡航能力 □速力:22.5kt □航続距離:14,816km ■兵装 □四一式45口径35.6cm連装砲6基12門 □四一式50口径15cm単装砲16門 □三年式40口径7.6cm単装高角砲4門 □朱式6.5mm機砲3門 □四一式短8cm砲外膅12門 □53cm水中魚雷発射管6門

『扶桑』が参加した海戦
ミッドウェー海戦 太平洋戦争の勝敗を決定づけた海戦!
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の戦艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP