戦艦【大和/Yamato】竣工:1941年12月16日
> > >

艦隊これくしょん -艦これ-

大日本帝国海軍 連合艦隊 :戦艦『大和』

大日本帝国海軍連合艦隊の戦艦【大和/Yamato

史上最大の戦艦『大和』は、大日本帝国海軍が当時の日本の最高技術をもって建造した大和型戦艦の1番艦である。艦名は奈良県の旧国名である大和国に由来する。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)開戦後に連合艦隊旗艦も務めたが、常に後方にいたためあまり出番はなかった。天一号作戦(菊水作戦)のもと水上特攻を行い、坊ノ岬沖海戦にて爆沈した。

世界が注目!戦艦『大和』主砲・全長の大きさ

戦艦大和は、大日本帝国海軍が最後に建造した戦艦の艦型「大和型戦艦」1番艦である。その大きさは全長263m、主砲46cm、排水量69,000t(公試)と世界最大。主砲の射程についても、最大射程距離が42,000m(42km)とトップクラス。現在でも戦艦大和は、その大きさに関しては世界最大級を維持している。 さらに冷房完備、冷凍庫設置など、大和には当時の最先端の技術が詰め込まれ、日本の技術の集大成ともいえる戦艦であった。ちなみに各船室の冷房は、火薬庫の冷却装置に与力があった場合に使用したとのこと。また、ハンモックではなくベッドを設置するなど、他艦艇に比べ居住性も良好だったという。そういった艦内設備の良さから、"大和ホテル"とも呼ばれていた。 ■全長:263.0m ■全幅:38.9m ■乗員:3,332名 ■排水量:72,809t ■巡航能力 □速力:27.46kt □航続距離:13,334km ■兵装 □45口径46cm3連装砲塔3基 □60口径15.5cm3連装砲塔2基 □40口径12.7cm連装高角砲12基 □25mm3連装機銃52基 □25mm単装機銃6基 □13mm連装機銃2基 ■搭載機:最大7機 □零式水上偵察機

戦艦『大和』主砲の威力と衝撃波

戦艦大和主砲によって敵艦艇にダメージを与えたという記録は、サマール沖海戦レイテ沖海戦)でアメリカ海軍空母を主砲で捉え砲撃したという記録以外には残されていない。そのため、今は亡き戦艦大和の主砲の威力を知るすべはないが、火薬量から推測は可能であるという。 戦艦大和が装備していた主砲は45口径46cm。使用した榴弾の重さは1,360kgとされ、その中に入れられた炸薬は60kgであるとのこと。これは一般的な手榴弾でいえば300~600発分、90式戦車主砲なら30発分に相当する。つまり、命中すれば、その一箇所でこれらが全て同時に爆発するのと同等の威力であると予想される。戦艦大和は3連装砲塔を3基装備しているので、一斉射撃ならば、そんな榴弾が最大で9発同時に降ってくるということになる。 また、大和型戦艦は、主砲斉射時の爆風や衝撃波が凄まじかったとされている。衝撃波で海面が凹んだうえに150m先まで水面が波打ち、「艦内は大地震に遭ったように揺れた」という証言もある。甲板上は特に危険であるため、高角砲や高射機銃座などには、船員を衝撃波から保護するための専用シールドが設けられていた。しかし戦局に合わせ対空兵装を増やした結果、シールドがない高角砲や機銃座も増えたため、太平洋戦争中期~末期には主砲斉射のたびにブザーが鳴らされ、対空要員は艦内へ避難させられたという。

戦艦『大和』の最後

戦艦大和は太平洋戦争開戦直後に就役し、1942年2月12日に連合艦隊旗艦となる。その後、主要な海戦に参加するも、基本的には後方で温存されるかたちとなり、太平洋戦争のなかで活躍の機会はほとんどなかった。まさに宝の持ち腐れでもあり、戦艦大和は、そういった経緯から皮肉を込めて大和ホテルと揶揄されたともいわれている。 そんな戦艦大和が最後を迎えることとなったのが、1945年4月7日、天一号作戦(沖縄方面への海上特攻)のなかで生起した坊ノ岬沖海戦である。この海戦で、大和は果敢に闘い続けるも、アメリカ海軍機動部隊約400機の猛攻撃を受け転覆、大爆発を起こし、船体が2つに分断され沈んでいった。かつて不沈艦と謳われた超弩級戦艦の、壮絶な最後であった。 終戦後に海底探査が行われ、1982年、長崎県の男女群島女島南方176km、鹿児島県の宇治群島宇治向島西方144km地点にて、大和の船体が発見された。その後も3度にわたり海底探査が実施され、2016年5月には、50時間におよぶ映像と7000枚の写真が撮影された。戦艦大和は今もなお、水深345mの海底に眠っている。

『大和』が参加した海戦
ミッドウェー海戦 太平洋戦争の勝敗を決定づけた海戦!
マリアナ沖海戦 迫る絶望…それでも戦い続ける
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊
坊ノ岬沖海戦 連合艦隊旗艦『大和』の最期

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の戦艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP