戦艦【長門/Nagato】竣工:1920年11月25日
> > >

艦隊これくしょん -艦これ-

大日本帝国海軍 連合艦隊 :戦艦『長門』

大日本帝国海軍連合艦隊の戦艦【長門/Nagato】

『長門』は、太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)以前、大日本帝国海軍の象徴として親しまれていた戦艦である。長門型戦艦の1番艦として建造された。艦名の長門は、旧国名の長門国に由来する。太平洋戦争開戦時は、連合艦隊司令長官・山本五十六大将が座乗し連合艦隊旗艦も務めた。終戦まで残存し、その後、アメリカ軍による核実験クロスロード作戦での核爆発によって沈没した。

連合艦隊の戦艦『長門』概要

竣工時の1920年、戦艦長門の大きさは世界最大、機動力も高かったことから世界的にも影響を与えていた。実際、世界七大戦艦を意味する「ビッグ7」にもその名を連ねている。 沈没時のクロスロード作戦で標的艦にされた艦艇のほとんどは、アメリカ海軍所属であった。長門は核爆発にも耐え抜いたが、2度目の実験で浸水。それについての処置をあえてしなかったことで沈んでいったともいわれている。 ■全長:224.94m ■全幅:34.59m ■乗員:1,368名 ■排水量:43,580t ■巡航能力 □速力:25.0kt □航続距離:16,020km ■兵装 □45口径41cm連装砲4基 □50口径14cm単装砲18門 □40口径12.7cm連装高角砲4基 □25mm連装機銃10基 ■搭載機:3機

『長門』が参加した海戦
ミッドウェー海戦 太平洋戦争の勝敗を決定づけた海戦!
マリアナ沖海戦 迫る絶望…それでも戦い続ける
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の戦艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP