【戦艦/日向】軽空母に匹敵する航空戦力を持ち合わせた戦艦!/ひゅうが/Hyuga/伊勢型戦艦2番艦:大日本帝国海軍連合艦隊艦艇・艦船の性能・史実
戦艦【日向/Hyuga】竣工:1918年4月30日
> > >

艦隊これくしょん -艦これ-

大日本帝国海軍 連合艦隊 :戦艦『日向』

大日本帝国海軍連合艦隊の戦艦【日向/Hyuga】

戦艦『日向/ひゅうが』は、大日本帝国海軍連合艦隊伊勢型戦艦の2番艦である。艦名の日向は、宮崎県の旧国名「日向国」に由来し、海上自衛隊ひゅうが型護衛艦の1番艦『ひゅうが』にも継承された。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)中期、ミッドウェー海戦での空母損失の影響で航空戦艦に改造された。『日向』は砲塔爆発事故を度々起こした戦艦としても知られる。1945年7月、呉軍港空襲により大破着底、そのまま終戦を迎えた。

連合艦隊の戦艦『日向』の性能

■全長:219.62m ■全幅:33.83m ■乗員:1,669名 ■排水量:38,872t ■巡航能力 □速力:25.1kt □航続距離:17,594km ■兵装 □四一式45口径連装砲4基 □八九式12.7cm連装高角砲8基16門 □25mm3連装機銃19基 ■搭載機:常用22機(※計画:海軍生活 ある下士官の回想記) □彗星艦上爆撃機:14機 □瑞雲水上偵察機:8機

戦艦『日向』が参加した海戦
ミッドウェー海戦 太平洋戦争の勝敗を決定づけた海戦!
レイテ沖海戦 全艦出撃!さらば連合艦隊
呉軍港空襲 全艦対空戦闘用意!日本海軍最後の戦い

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の戦艦

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP