特殊潜航艇【蛟龍/Koryu】実戦投入:1945年3月
> > > 特殊潜航艇 >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :特殊潜航艇『蛟龍』

大日本帝国海軍連合艦隊『蛟龍』

特殊潜航艇『蛟龍/こうりゅう』は、大日本帝国海軍甲標的丁型として開発した特攻兵器の一種。小型の潜水艦ともいえる。正式に『蛟龍』の名称で兵器として採用されたのは、1945年5月28日であったとされる。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)において実戦投入され、アメリカ海軍駆逐艦『ハリガン』を撃沈するなどの戦果を上げた。

特殊潜航艇『蛟龍』の性能

■全長:26.25m ■全幅:2.04m ■乗員:5名 ■排水量:59.3t ■巡航能力 □水上速力:8kt □水中速力:18kt □潜航深度:100m □航続距離:1850km ■兵装 □45cm魚雷発射管2門 □二式魚雷2本

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の潜水艦

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP