潜水艦【伊19/I-19】竣工:1941年4月28日
> > > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :潜水艦『伊19/伊号第十九潜水艦』

大日本帝国海軍連合艦隊『伊19/伊号第十九潜水艦』

大日本帝国海軍連合艦隊の潜水艦『伊19/伊号第十九潜水艦』は、伊15型潜水艦(巡潜乙型)の3番艦。太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)では、通商破壊や哨戒活動、輸送任務など様々な作戦に投入された。アメリカ海軍空母『ワスプ』、駆逐艦『オブライエン』を撃沈したことでも知られる。撃沈総数は5隻。1943年11月25日、ギルバート諸島マキン島西方にて、駆逐艦『ラドフォード』の爆雷攻撃を受け沈没。

空母『ワスプ』と駆逐艦『オブライエン』を撃沈

日本海軍の潜水艦『伊19』が空母『ワスプ』と駆逐艦『オブライエン』を撃沈 ※写真右は魚雷がオブライエンに命中した瞬間、左奥は炎上する空母ワスプ 1942年9月15日、伊19は、ガダルカナル島南東で空母ワスプを中核とするアメリカ艦隊を発見、魚雷を一斉発射した。計6発の魚雷は、空母ワスプ、戦艦ノースカロライナ、駆逐艦オブライエンに命中し、それぞれを大破させた。オブライエンはその後沈没、ワスプは自沈処分された。

日本海軍『伊19/伊号第十九潜水艦』概要

■全長:108.7m ■全幅:9.30m ■乗員:94名 ■排水量:2,584t ■巡航能力 □水上速力:23.6kt □水中速力:8.0kt □潜航深度:100m □航続距離:25,928km ■兵装 □40口径14cm単装砲1門 □25mm連装機銃1基2挺 □艦首53cm魚雷発射管6門 □九五式魚雷17本 ■搭載機 □零式小型水上偵察機:1機

『伊19』が参加した海戦
真珠湾攻撃 米主力艦隊壊滅!太平洋戦争の始まり
アメリカ本土攻撃 日本軍潜水艦隊、世界最強の国へ進撃!
ミッドウェー海戦 太平洋戦争の勝敗を決定づけた海戦!

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の潜水艦

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP