潜水艦【伊400型/I-400 class】竣工:1944年12月30~1945年7月24日
> > >

大日本帝国海軍 連合艦隊 :特型潜水艦『伊400型』

大日本帝国海軍連合艦隊の特型潜水艦『伊400型』

『伊400型』は、太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)末期に建造された大日本帝国海軍連合艦隊の特型潜水艦である。特殊攻撃機3機を搭載可能な本艦級は、別名潜特型と呼ばれた他、潜水空母とも称された。伊400、伊401、伊402の3隻のみが完成し、連合艦隊・第六艦隊第一潜水隊に配属、隠密作戦が計画された。その目的は、アメリカ本土攻撃であった。

連合艦隊の潜水艦『伊400型』概要

終戦後、アメリカ軍に接収される際、伊400型の大きさにアメリカ軍士官たちは驚愕したという。それもそのはず、伊400型の全長は当時世界最大であったとされる。さらに、地球を一周半できるという脅威の航続性能も持ち合わせていた。 伊400型の存在は、それまで対艦兵器に過ぎないとされていた潜水艦の常識を覆すものであり、太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)後の潜水艦の設計・運用に多大な影響を与えた。弾道ミサイルを発射可能な、現代のアメリカ海軍潜水艦がその例である。 1番艦:伊号第四百潜水艦(伊400) 2番艦:伊号第四百一潜水艦(伊401) 3番艦:伊号第四百二潜水艦(伊402) ■全長:122.0m ■全幅:12.0m ■乗員:157名 ■排水量:5,223t ■巡航能力 □水上速力:18.7kt □水中速力:6.5kt □潜航深度:100m □航続距離:69,450km ■兵装 □40口径14cm単装砲1門 □25mm3連装機銃3基 □25mm単装機銃1挺 □艦首53cm魚雷発射管8門 □魚雷20本 ■搭載機 □晴嵐特殊攻撃機:3機

トップ:大日本帝国海軍 連合艦隊の潜水艦

DMM宅配買取
【通年】最新機器レンタル

連合艦隊の艦艇

↑ PAGE TOP